FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁押し付けゴンゴン腹ボコハメ動画

今回は壁押し付けからのゴンゴンハメ動画にしました。今回はオチ無しです。

続きを押すと動画を見られます。

続きを読む

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

tag : 3D blender R-18 pixiv

pixivの愚痴

最近忙しくてpixivご無沙汰です。しばらくこういう日々ですがやめたわけじゃないので時期が来れば復活します。

私は別にpixiverとかでもないですし、コミュニケーションツールとしても全く使ってないです。良い絵が見つけられて、
自分の作品も発表できて、特に制限なくあらゆる人間に公開できる有用なツールと見ています。

最近非常に気になるのがpixivのタグ。特に

極上の貧乳
極上の乳
舐め回したい穴
尻神様
撫で回したいシリーズ

などといったいわゆる「評価タグ」「賞賛タグ」と呼ばれるものです。表現上明らかに絵描きが思いつくタグじゃないので、
多分ROMの人が考えたんだと思いますかけど。ただpixivは8割以上ROM専だと言われていますし、
私も良質な作品を得るためほぼROM専で利用しているのでその点は全然かまわないです。

ただ問題なのが、これ全然「カテゴライズするためのタグ」じゃないですよね。ようするに
「絵が上手いか下手か」というだけであって、おおよそこのような構図につきやすい程度の特徴はあれ、
基本的に絵の「ジャンルを」示すタグでは絶対ないわけです。

pixivタグにはコミュニケーションツールとしての要因もありますし、ネタ要素ももちろんありますが、
基本的に本来「特定ジャンルの絵を探す人間が見つけやすくして、似た趣味を持つ人間で
集まるために」つける要素であるはずです。その点が一番重視されるべきですよね。

もちろん「上手い絵」を検索したいと思う人もいるわけですから有用なタグではあるんですが、
普通に考えて「貧乳」「ロリ」「腹ボコ」「バック」「アナル」「フィスト」「オナホ妖精」などの具体的な状況を示す
ジャンルタグに比べると優先度が明らかに低いわけです。

別にタグの空欄が明らかにあまっているならいくら入れてもいいんですが、タグが9個の状態で
残りの1つをこれで埋めるのは正直神経を疑います。こういう「賞賛タグ」が1枚の絵に2つも3つも
入っていると流石に閉口します。

あと少し問題なのが「微妙に主流でないタグ」です。up主が間違う分には仕方がないんですが、
閲覧者がこれをやるのはまずいです。タグ1個埋めて全く宣伝効果のないタグを入れるわけですから。
「ボコ腹」とかが代表で、pixivでは明らかに「腹ボコ」「ボコォ」「拡張」等の表現が主流になっていますので、
「ボコ腹」で検索をかける人はまずいないわけです。主流じゃないかどうかは、百科事典に入っているか
どうか、登録イラストが多いかどうかで容易に判断できますよね。

具体的な話で言うとタグが間違っていた(主流ではないタグが使われていた上に10個埋まっていた)ので
直そうと思ってタグ削除したら、次の瞬間上記の「評価タグ」で割り込み埋められていてイラっとしたという話です。
(タグ削除するとしばらく追加できない)しかもすでにその絵には別の「評価タグ」が入っていて、
2つめでした。

pixivのタグは10個しか入りませんので、タグが多く入っている絵に関しては追加のタグに関して
「慎重に」やらなきゃいけないわけです。そのタグは本当に必要なのか?もっと具体的な状況を
記述したタグを入れるべきじゃないのか?評価したいのは分かりますが、あまりにも周りを
考えてないです。つーかup主のことを考えてないです。

本当に絵を賞賛したいのであればブクマする(20点分入る)なり10点評価するなりコメ投下なりするのが
筋です。あきらかにタグで賞賛するのは間違っています。「10点じゃ足りない」タグとかもそうですよね。
ブクマすれば20点入るんだから、そのタグで埋めるのはまずいですよね。

tag : 雑記 pixiv

プロフィール

鈴折

Author:鈴折
最近ツイッター多いのでツイッターにどうぞ。https://twitter.com/sin_Lv98

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特定カテゴリのみ表示
この分類に含まれる記事のみを表示します

3D blender R-18 情報 プログラミング 雑記 pixiv ニュース 同人 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。