FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windos Media Player(windows7)でDRMコンテンツが再生できなくなる問題

タイトルの通りです。クソwmp11、12はコンテンツ保護機能のDRMがしょっちゅう破壊されるため、DRMを利用したコンテンツが再生できなくなります。この解決がなかなか厳しい上、windows7ではwmp11が基本コンポーネントとされているため(つまりインストールアプリケーションではない)、アンインストールしたり再インストールしたりということすら不可能です(リカバリディスク使えば多分無理矢理「復元」することは可能ですが)。

この解決に相当手間取ったので解決方法を書きます。ここに書いても仕方がないんですが…、本来、教えてgooあたりに載っているべきなんでしょうがね。

手順は
1.DRMのリセット
2.セキュリティコンポーネントのアップグレード
です。

1.はググれば簡単に見つかるので省きます。直接DRMフォルダ(C\:ProgramData\Microsoft\Windows\DRM)を消しても良いんですが、公式に配布されてる「DRM Reset」というソフトにはレジストリ掃除機能もついてますので、DRMResetを使ったほうがよいです。DRMフォルダがアクセスされてて削除できないという人は、これもUnlockerを使うなりバックサービスを停止するなりする方法がググれば見つかるので省きます。

問題は2.です。ここまでやらないと回復しないんですが、これを省いてる資料が非常に多いです。手順としては「セキュリティコンポーネント アップグレード windows7」とかのキーワードでgoogle検索して見つかるページから行えばいいんですが、そのページの「アップグレード」ボタン(「Upgrade」ボタン)が押せません。

この解決方法はIEを管理者権限で起動するということです。多分firefoxじゃダメです。さらにIEも普通に起動してはダメで、IEアイコンを右クリックして「管理者として起動」を選択、そのブラウザ窓から上記のアップグレードページにアクセスしないとダメです。

正直これほど頻発する問題なのに、ここまで手順踏まないと直らないのがプログラムとして致命的です。直せない人いるんじゃないかなこれ。

Microsoft、Windowsも、vista(特に7)以降セキュリティやら著作権やらメディア保護やらでかなり怪しくなってきてるからなぁ…。そもそもwindows7はxpより大きく機能が撤廃されてるし、WMP11も昔のwmpより大きく機能が削除されている。プレイリスト常時表示不可能(わざわざ右クリックから表示させないとダメ)とかはメディアプレイヤーとしてマジキチだと思うわ。こんなプログラムで金取るなんて詐欺だぜ。

Appleみたいなクソがはびこるのもアレだけど、独占企業も問題だよね。Googleあたりがライバルとして新しいOSを発表しないかね…。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

tag : 情報 プログラミング

YV12色変換で色が変わるのを防ぐ

前に動画コーデックの説明をした際、「ffmpegでYV12色変換をすると元動画と色が変わる」
といったものの本当の原因と対策について書きます。

h.264動画を作った際に「赤色が薄くなった」「緑色が濃くなった」と思った場合には十中八九これが
原因です。ogg theora、h.264、webmなどYV12色空間を利用する全てのコーデックで
この現象は発生します。

●原因
・RGB⇔YV12、YUY2色変換を行う際、変換行列であるcolor matrixにBT709かBT601(smpte170m)を使うかで
 色が変わってしまう。
・本来YV12色空間を利用する動画は全て「BT709を使ってください」「BT601を使ってください」と指定する
 タグがあるが、flashプレイヤー、k-lite mega codec pack等大抵のプレイヤーはコレを無視し、決め打ちで
 BT709を使用する。
・ffmpeg、x264.exeに含まれる内部フィルタを利用してRGB⇔YV12変換を行った場合、コレも決め打ちで
 BT601が利用される。
・目の前にある動画が、実エンコードでBT709を利用したのかBT601を利用したのか知る術が「ない」
 (エラーも何も発生せず、元画像と色が変わったかどうかを肉眼で調べるしかない)
・結果、BT601で変換した動画をBT709で読み込むこととなり、「赤色が薄く(緑色が濃く)」なる。逆で行った場合には
 当然逆になる。

●対策
・x264.exe、ffmpeg内臓のRGB⇔YV12変換は利用しない。
・AviUtlを使う場合、大抵のエンコーダで色空間をそのまま読みこめる(再変換が起きない)Huffyuvで出力し、さらに
 「設定」→「色変換の設定」から「出力」を「BT709」に固定する(「入力」は自動が良い)。そしてできた
 BT709のHuffyuvをx264.exe、ffmpeg等に読み込ませる。--colormatrix bt709をエンコーダオプションで
 入れるとなお良い(どうせ無視されますが…)。
・avisynthを用いる場合、YV12変換の際にConvertToYV12(matrix="rec709")とする。そうしてできたBT709の
 クリップをx264.exeに渡す


基本的に、利用できるなら全てBT709で固定したほうが良いです(大抵のプレイヤーはBT709決め打ちだから)。ただ、
BT709とBT601の違いが肉眼で識別するほかない以上(データ構造に違いがない)、タグを無視するプレイヤーでは
YV12色空間は全て環境によって色がおかしくなる可能性があることを念頭におく必要があります。

こう考えると、YV12色空間はフォーマット的に非常に腐った色空間だと思うんですけどね…。

例えばBT601で変換した動画をBT709として読み込んでまたBT601変換して、それをまたBT709と間違って…
と繰り返すと動画がどんどん緑色になっていきます。もうネタでしかないですが、元動画が
BT601かBT709か確実に知る術がない以上、そういう現象が本当に起こるんです。

動画コーデックとライセンスのお話(4)

●WMV
皆大好きアダルトビデオのコーデックwindowsのコーデックです。
動画ファイルの配布は商用も非商用も自由ですが、エンコ/デコは
非商用であっても認められていません。

しかしWMVの再生コーデックは通常windowsに標準搭載されているものですし、
自作ソフト制作者もwindows内部のコンポーネントを利用して再生する分には
無料です。windowsアプリケーションであればコンポーネントは利用できますしね。
画質もh.264と拮抗するくらいには良いです。

この「商用でも動画配布自由」「ポルノ利用可」という特徴から商用の動画配信、
特にアダルト業界での利用が著しいコーデックです。

ただし当然mac OSには再生ソフトが標準で入っていないので、
お金を払って再生コーデックを入れなくてはならなくなります。

「wmvで配布する」ということは、mac OSにとってはそういう意味になる
という点を常々理解しておかなくてはなりません。

実は過去microsoftが最初にフリーコーデックとして開発したのですが、
実際に公開してからmpeg LAがいちゃもんを付けてきて結局フリーに
なれなかったという残念なコーデックです。

結局独力で開発した技術だろうとなんだろうと、mpeg LAが殆どの動画技術に
特許をとってしまっているので、難癖を付ける気になればいくらでも
付けられるんです。

webmをmicrosoftが標準コーデックとして採用しなかったことはこれが理由です。
有名になったとたんにmpeg LAがいちゃもんをつけてくるので、
microsoftとしてはwebmにwmvの二の舞を踏ませたくないんですね。


まとめとすると、ニコニコ動画等にアップするならh.264、商業で動画のみ利用したいなら
wmv、自作プログラム内部で使用したいか、もしくは全てのユーザーに等しく高画質を
提供したいならwebmといったところでしょうか。webmはまだ一般的でない動画ですが、
videoタグがあればブラウザスタンドアローンで再生できますので。

ただ、webmが完全にtheoraを食ってしまっているとしても、個人的にはtheoraを
応援したいところですね。なにせ元祖フリーコーデックですので。


videoタグはおそらくfc2ブログでも可能なので下にサンプルを置いておきます。
firefox、google chrome、operaならプラグインなしで再生可能です。
画質が悪いのは以前私がニコニコ動画に低画質アップロードしたものを利用しているためで、
本来の両コーデックの画質はすこぶる良いです。

下記で使用しているjavaプログラム及び3Dモデルデータは諸事情で全て消失しました。
理由はまだ書けませんが、後で記述します。元動画はh.264(2.83MB)

ogg theora動画(6.83MB)


webm動画(1.61MB)


上記ブラウザを使用していないm9(^Д^)なアナタのためにcortadoを使用した
動画を以下に。ただしvideoタグに対応している場合以下をクリックしても
javaは立ち上がりません。
java appletで再生

tag : 情報 プログラミング blender 3D

動画コーデックとライセンスのお話(3)

●ogg vorbis
oggはメディアコンテナであり音声、動画など様々なデータを含みます。
その音声コーデックの1つである「vorbis」。音質は当然のようにmp3を
上回っています。当然営利でも非営利でも利用は自由ですが、デコーダを使う場合、
vorbisユーティリティはGPLなので利用するとソースコード公開義務が生じてしまいます。

それがいやならvorbisライブラリ(BSL)からデコーダを開発しましょう。


●mpeg-1
あまり詳しい情報がありません。利用状況から見て多分フリーだと思うんですが…。
ほとんどのPCでコーデックのインストールなしに再生できる稀なファイルですが、
圧縮率は最悪です。今の時代videoタグでtheora/webmのブラウザスタンドアローンでの動画
再生が可能なのに、わざわざこれを利用するメリットが薄いような気がします。


●mpeg-2
動画ファイルの配布は自由ですが、エンコード/デコードについては非商用利用でも
ライセンス料が必要という恐るべきコーデックです。商業DVD以外で殆ど普及しているのを見たことがありません。


●mpeg-4
無償の動画ファイルの配布配信自体に課金がある信じられないコーデックです。
非商用利用ですらライセンス料が必要で、料金は動画ファイルの再生時間によります。
当然デコードもエンコードも金を取られます。殆ど普及しているのを見たことがありません。


●DivX
動画ファイル自体の配布は自由で、エンコ/デコも非商用なら利用可能です。
ただし営利目的でのエンコ/デコはダメです。自作ソフト内部には使えません。

コーデック開発者の理念により、ポルノへの利用が不可能という噂があります。

音声ストリームにmp3を使用できるが、その場合は商用利用が不可能だと
思われます。かといってac3をストリームに利用しても、ac3も
フリーコーデックでないので無償配信なら可能だが商用利用できないのでは?
と思います。ac3はエンコーダ作成はアウトですが、音声ファイル配信の商用利用に関する
ライセンスは分かりませんでした。

もちろん、ac3が商用利用可能ならOKということになりますが…。


●XviD
DivXに対抗する形で作成された非営利も営利も自由なオープンソースコーデック…ではありますし、
確かに動画ファイル自体の配布は自由なんですが。

エンコーダ/デコーダの利用に問題があります。実はXviDはGPLなので、自作プログラムに
組み込んでしまうとソースコードを公開しなくてはならなくなります。別に常時公開しなくても、
頼まれた相手にだけ公開すればいいわけですが。

これを間違って利用してしまった有名なゲームが「To Heart 2」です。結果ソースコードを公開しなくては
ならなくなりました。

tag : プログラミング 情報 3D blender

動画コーデックとライセンスのお話(2)

●webm
googleがtheoraの開発スピードの遅さに痺れを切らし、On2のVP8を買収することで
開発した未来のフリー動画コーデックですが、まだあまり浸透してない印象です。

ffmpegに標準でwebmエンコーダが入っている(出力ファイルの拡張子に
.webmとつければその場で変換可能)が、画質指定が困難なので、きちんと
webm公式サイトのdirectshow filterに付属している「makewebm.exe」を使用するべきです。
(ただしmakewebm.exeは内部処理でdirectshowを利用しているので、ogg vorbisのdirectshowと
webmのdirectshowを両方入れてないと音声含めたエンコードができません)
画質は実用化されているコーデックで最高であるh.264に匹敵し、フリーのコーデックで
間違いなく最高の画質を誇ります。ただ、エンコードに相当な時間がかかるのがネックでしょうか。

theora同様videoタグに対応しており、firefoxやopera、google chromeなら
特にコーデックもプラグインも必要なく再生可能です。現在唯一videoタグを導入していない
IEが、webmだけは対応するかもしれない旨を発表しています。

googleは一応フリーだと謳っていますが、mpeg LAは訴訟を起こすつもりのようです。
ただ最終的にwebmがフリーでなくなったとしても、googleのような
大きな組織がバックについてくれるなら全てのライセンス料を
負担してくれるか、そもそも訴訟で負けないだろうという見込みはあります。

当然動画ファイル自体の配布も自作プログラム内でのエンコ/デコも自由です…が、
ライブラリがきちんと提供されているtheoraに比べると自作プログラムでの使用は
まだ少し難易度が高いでしょう。


●h.264
ご存知ニコニコ動画やyoutubeの動画コーデック。x264として最新版のエンコーダー
バイナリが公式から入手可能で、mp4boxなどのコンテナツールとnero AAC encoderなどの
aacエンコーダーがあれば利用可能です。現在も開発が続いているため最新版の画質及び
圧縮効率はすさまじいものがあり、diracよりも優れているとされています。
同じ画質ならtheoraの1/3~1/5程度の圧縮率になります。

動画部分と音声部分を分離させて個別にエンコードを行い、最終出力をmp4の
コンテナにまとめるという、動画エンコードの基礎の基礎を学べる。GUIでの
一発エンコードも可能だが、大抵画質も音質もひどいことになるのでお勧め
しません。

前に2011年以降無償利用でも12分以上の動画配信は課金するとか無茶を言っていたのが、
無償利用には永続的に課金しないと宣言したので一応は落ち着きました。

当然商用での動画配布はフリーじゃないので注意してください。エンコ/デコーダ作成は
非商用でもアウトです。同人ソフトでh.264動画を配信するとか完全にアウトです。
告発されると特許法違反で刑事罰に課せられる可能性があります。


●mp3
非フリー、サブマリン特許のコーデックとして有名な音声ファイルです。
非商用での利用についてはエンコード/デコード/音声ファイル配布
いずれも自由ですが、商用利用で年収100,000ドルを超えると
その一定割合を収めなくてはならない制約があります。無論
音声ファイル自体の配布でも利益が生じた場合は規制の対象です。

同人ソフト内部の音声にmp3を使用してはいけません。

単発で配布した場合だけでなく、動画ファイルの音声ストリームとして
利用した場合にも問題です。おそらく法に触れるものと思われます。

tag : 情報 プログラミング 3D blender

プロフィール

鈴折

Author:鈴折
最近ツイッター多いのでツイッターにどうぞ。https://twitter.com/sin_Lv98

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特定カテゴリのみ表示
この分類に含まれる記事のみを表示します

3D blender R-18 情報 プログラミング 雑記 pixiv ニュース 同人 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。